アレルギー科|高崎市 乾小児科内科医院|アレルギー科・循環器内科(心臓血管内科)

乾小児科内科

WEB初診予約
〒370-0828 群馬県高崎市宮元町207
JR高崎駅 西口 徒歩9分
スズラン高崎店の4軒となり
027-322-3252

アレルギー科
allergology

アレルギー科について

乾小児科内科

赤ちゃんから成人の方まで、日本アレルギー学会認定専門医によるアレルギーの相談治療を行っております。
アレルギーの検査方法・治療法も患者様の症状などに合わせて行っております。

 

このようなお悩み、ご相談ください
  • アトピー
  • じんましん
  • アレルギー性鼻炎・結膜炎
  • 気管支喘息
  • 長引く咳

アレルギー疾患

アトピー性皮膚炎
乾小児科内科

アトピー性皮膚炎はかゆみをともなった湿疹が全身の様々なところにできるできる疾患です。
生まれつきのアレルギー体質の人や皮膚のバリア機能の弱い人に発症が多く見られます。
完治する治療法が確立しておらず、良くなったかと思えば悪化したりと症状が慢性的になり、中々治りにくいことが特徴です。

しかし適切な種類・方法で薬を塗り、スキンケアを続けることで症状を出なくしたり、緩和してコントロールしていくことは十分可能です。

 

蕁麻疹(じんましん)
乾小児科内科

蕁麻疹とは皮膚の一部にかゆみを伴った赤みのある膨疹(皮膚の盛り上がり)が出てくる疾患です。湿疹と異なり、数時間ごとに出没を繰り返すのが特徴です。

食物、食品添加物、薬剤、植物、虫、感染症、物理的刺激(日光や金属アレルギー等)、発汗など原因となる要素は様々です。

 

ぜんそく
乾小児科内科

ぜんそく(気管支喘息)は気道の炎症が原因となって引き起こります。 ぜんそくの人は、特に症状が起きていないときでも常に炎症がおこっており、健康な人間と比べて気道がせまく、空気が通りにくくなっています。さらに炎症のため、タバコの煙やホコリに敏感になっており、わずかな刺激で発作が起こる状態になっています。

ぜんそくの治療は、気道の炎症を治療することが中心となります。

アレルギー検査

プリックテスト(皮膚テスト)
乾小児科内科

少量の抗原液を皮膚に付け、プリック針と呼ばれる専用の針で小さな傷をつけ、皮膚の表面の反応を見ます。
※即日結果が出ます。

血液検査
乾小児科内科

採血をして、血液中のIgE抗体がどのアレルゲンに対してどれくらいあるかを調べます。

食物アレルギー検査
乾小児科内科

上記のプリックテスト、血液検査に加えて、食物除去試験、食物経口負荷試験など、複数の検査方法があります。アレルゲンの特定とその耐性、リスクの評価が可能です。
お子様だけでなく、成人の方も検査を行っております。

花粉症(舌下免疫療法)

花粉症について
乾小児科内科

スギ花粉症は、スギ花粉が原因(アレルゲン)となり起こるアレルギー疾患で、おもに、くしゃみ、鼻水・鼻づまり、目の痒さなどの疾患を伴います。

スギ花粉症の治療法に、アレルゲン免疫療法があります。これは、アレルゲンを少量から体内に投与することで、身体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状をやわらげる治療方法です。アレルゲン免疫療法には、皮下にアレルゲンを注射する“皮下免疫療法“と、舌下にアレルゲンを投与する“舌下免疫療法“があります。

 

舌下免疫療法

当院ではスギ花粉症の方を対象に舌下免疫療法を行っています(保険診療)。
治療薬を舌の下に滴下し2分間そのまま保持したあと、薬を飲みこみます。その後5分間うがいを行います。スギ花粉が飛散していない時期でも、毎日服用する必要があります。
きちんと長期にわたり治療を行えば、アレルギー症状を治したり、長期に渡って症状を抑える効果が期待されます。
ご自宅で続けられる治療法で、12歳以上の方が対象となります。
ご希望の方はお問い合わせください。

 
関連したブログ記事

スギ花粉症が治る!?アレルゲン免疫療法(皮下・舌下免疫療法)について

pagetop