尿検査で糖が出たら糖尿病?1+や2+の意味は?|高崎市 乾小児科内科医院|アレルギー科・循環器内科(心臓血管内科)

乾小児科内科

WEB初診予約

JR高崎駅 西口 徒歩9分
スズラン高崎店の4軒となり

027-322-3252

ブログ
doctor's blog

アーカイブス

  • お問い合わせ
  • 診療カレンダー

尿検査で糖が出たら糖尿病?1+や2+の意味は?

2020.05.22

尿検査で糖が出たら糖尿病?1+や2+の意味は?

 
 

健診などで検尿をしたときに尿糖を指摘されることがあります。
その名の通り、尿糖が出たら全て糖尿病なのでしょうか?

尿検査でみられる1+や2+にはどんな意味があるのでしょうか?

今回はこれらについて解説していきたいと思います。

 

尿糖は出ないのが正常

尿糖は、血糖が高くなって尿中にあふれ出た糖がどのくらいあるかを調べて糖尿病かどうかを判定する検査です。

体内に入った飲食物は、消化・吸収され、その栄養分は血液を介して移動します。
血液中の糖分は血糖として全身のエネルギー源として利用されます。

血液には体内で不要になった老廃物も含まれているため、腎臓は不要物を尿として体外に排泄し、逆に必要な物質は体内にもどす(再吸収といいます)という働きにより、血液をろ過しています。

血液中の糖は、腎臓で血液をろ過する過程で水分とともに99%以上が再吸収されるため、正常であれば尿中に糖が出ることはありません。

しかし、血液中のブドウ糖の濃度が高くなり限界を超えると、腎臓で再吸収しきれずに尿中に溢れ出し、尿糖が陽性になります。

再吸収の限界となる血糖値は160-180mg/dlとされており、尿糖が陽性になるということは、血糖値がこれよりも高くなっている可能性があることを意味しています。

 

尿糖が陽性になる原因

尿糖陽性の方には、以下の可能性が考えられます。

  • ① 糖尿病、あるいは、糖尿病予備群
  • ② 腎性糖尿
  • ③ 薬の影響
  • ④ その他

先に②-④について説明していきます。

 

腎性糖尿

腎性糖尿は、腎臓で糖の再吸収を行っている尿細管の異常により、血糖値は正常でもあるにもかかわらず、尿糖が出てしまう状態です。

尿糖は出ているものの糖尿病になっているわけではないので特に治療は必要ありません。

 

薬の影響

糖尿病の治療のほか、心不全の治療でも使われているSGLT2阻害薬は、尿糖の再吸収を抑制し、尿中への糖の排泄を促す薬なので、当然尿糖は陽性になります。

ステロイド剤では血糖値が上昇するため、尿糖が陽性になることがあります。

 

その他の影響

甲状腺の病気、感染症、妊娠などでは尿糖が陽性になることがあります。

 

糖尿病、あるいは、糖尿病予備群であった場合

②―④でなく尿糖が陽性の場合には、高血糖の存在を疑います。

尿は濃くなったり、薄くなったりするため、尿糖の量から、正確な血糖値を推定することはできません。

しかし、尿糖が強く陽性になっている:(2+)以上の方は、糖尿病を発症している場合が多く、一度、外来に受診されるのをお勧めします。

さらに、尿糖が多いと、ブドウ糖が水分をひきつけますので、尿量が多くなります。

そのため、頻繁に喉が渇く、水分の多量摂取、頻尿、夜間にトイレに何度も起きるなどの症状がおきます。

特に、昼間に口渇感があり、水分を多量に飲み、深夜にトイレに行くようになった方、

最近、ダイエットをしてないないのに痩せてきた方などの自覚症状のある方では、急激に糖尿病が悪化している可能性があり注意が必要です。

いずれにせよ、尿糖が陽性となった場合には一度医療機関を受診し、精査するのがよいでしょう。

 

尿糖の1+や2+の意味

尿糖の有無を調べる場合には、尿中のブドウ糖の量を顕微鏡で数えて計測することも可能ですが、一般的には、簡便な試験紙法を用います。

尿糖検査の結果は、(-), (+/-), (1+), (2+), (3+), (4+)などと表記されます。

どのくらいのブドウ糖が尿中に漏れているのかは、尿試験紙のメーカーによって、基準が異なるため、一概には言えませんが、

+の数が多いほど、尿中のブドウ糖が多いことを意味します。

多くの試験紙では、(+/-)以上は異常とされています。

尿試験紙の例として、
アークレイ社 オーションスティックスのの表記では、

尿糖定性 +/- 1+ 2+ 3+ 4+
尿糖値(mg/dl) 50 100 200 500 1000

となっています。

健常者の尿中のブドウ糖の量は、20mg/dl以下ですので、(+/-)は、異常と判断されます。

またテルモ社 ウリエースKcの表記では、

尿糖定性 +/- 1+ 2+ 3+
尿糖値(mg/dl) 50 100 500 2000

となります。

(+/-)以上だと、尿糖は基準値よりも多くなります。

シーメンス社の エームス尿検査試験紙の表記では

尿糖定性 +/- 1+ 2+ 3+
尿糖値(mg/dl) 100 250 500 1000

となります。

(+/-)以上だと、尿糖は基準値よりも多くなります。

血糖値が高くなるほど、尿中へのブドウ糖の排泄量は多くなります。

そのため、尿中にブドウ糖が多く漏れている(=+が多い)ほど、血糖値が高いと考えてもよいでしょう。

最後に、尿糖の検査は、

  • ① 尿は濃くなったり、薄くなったりする。
  • ② ビタミンC(アスコルビン酸)を多量摂取すると、陰性化することがある。

ため、正確な値を知ることはできません。

実際の血糖値や一日の尿糖の量を知るためには、別の検査が必要です。

尿糖が陽性になったら一度精密検査を受けるとよいでしょう。

 

© 2020 Inui pediatrics and internal medicine clinic

pagetop