胸が痛い!狭心症と心筋梗塞の症状・違いとは|高崎市 乾小児科内科医院|アレルギー科・循環器内科(心臓血管内科)

乾小児科内科

WEB初診予約
〒370-0828 群馬県高崎市宮元町207
JR高崎駅 西口 徒歩9分
スズラン高崎店の4軒となり
027-322-3252

ブログ
doctor's blog

アーカイブス

  • お問い合わせ
  • 診療カレンダー

胸が痛い!狭心症と心筋梗塞の症状・違いとは

乾小児科内科

突然胸が苦しくなると誰しもが直感的に「心臓大丈夫かな」と心配になります。中でも「狭心症」や「心筋梗塞」は有名人が治療を受けた、などと話題になることもしばしばあり、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

どちらも急に胸が苦しくなり、心臓の血管に原因がある病気ですが状況は少し異なります。今回は狭心症と心筋梗塞の症状と違いについて考えていきたいと思います。

 
狭心症は血管の車線規制

乾小児科内科

加齢や喫煙、生活習慣病の影響などから動脈硬化によって心臓を栄養する血管=冠動脈にコレステロールがたまり、内側が狭くなっていきます。
これは血管に「車線規制」がかかっている状態といえます。

乾小児科内科

車の流れ=血液の流れ、石のような障害物=プラークとすると、交通量が多くない=体への負荷が小さい状態では渋滞は起きません。
座ってテレビを見ている、横になっているなどの状態がこれに該当します。

しかし、交通量が多くなる=体への負荷が大きくなるとより多くの血液を送る必要があるのに車線規制のためにそれに見合った血液が送れません。

乾小児科内科

すると、狭くなっている部分の奥側で血液不足(虚血)が起こり、「締め付けられるような胸の痛み」、「胸が重い感じ」といった、いわゆる狭心症の症状を自覚します。

典型的には坂道を登った時、階段を登った時、電車に急いで乗り込もうとした時などに5分程度続く胸の違和感として自覚します。

  • ・胸の違和感が出る場所はあまり移動しない(ある時は右寄り、ある時は左寄りということはあまりない)
  • ・「いつも同じような負荷をかけると同じように症状がでる(再現性といいます)」
  • ・肩や首の方へ広がる痛みや歯の痛み(放散痛)として自覚することもある

といった特徴もみられます。労作(体に負荷をかける行為)によって自覚する狭心症なので労作性狭心症といいます。

 
もうひとつの狭心症

狭心症には労作性狭心症の他にもう一つ、冠攣縮性狭心症(異型狭心症)というものもあります。

乾小児科内科

冠攣縮性狭心症は動脈硬化によって血管の内側が狭くなるのではなく、血管が痙攣(けいれん)(=攣縮)してしまうことで狭くなる狭心症です。
症状は体に負荷をかけたときではなく、典型的には夜中や明け方寝ている時に自覚します。

発作のきっかけとしては喫煙、寝不足、過労、ストレス、お酒の飲みすぎなどがあります。寒暖差もきっかけになることがあり、季節の変わり目で症状が悪化する方や、この時期だとクーラーの刺激で発作を起こしてしまう方もいます。

 
心筋梗塞は血管が詰まる

乾小児科内科

狭心症は血管が細くなる病気でしたが、心筋梗塞は血管が詰まる(=梗塞)病気です。典型的には動脈硬化によって生じたプラークが突然破裂し、そこから出血。血の塊=血栓ができることで、血管を詰まらせます。
その結果、詰まった血管が栄養している心筋には血液が供給できず、何もしないと数時間で壊死してしまいます。

乾小児科内科

急性心筋梗塞を発症すると、胸部の激痛や締めつけられるような感覚、圧迫感などの症状が現れます。胸痛は30分以上続き、多くの場合冷や汗を伴います。胸痛が現れる場所は前胸部、胸骨下が多く、下顎、頸部、左上腕、みぞおちに広がることもあります。さらに呼吸困難、意識障害、吐き気を伴う時は重症の可能性があります。最悪の場合、死に至ることもあるためすみやかに病院を受診、あるいは救急車を要請し、治療を受ける必要があります。

 
危険因子の管理が重要

狭心症、心筋梗塞ともに重篤な病気ですが、多くの場合は生活習慣病である、糖尿病、高血圧、高脂血症を合併しており、動脈硬化が進行した結果発症します。危険因子の管理をしっかり行い、発症を予防していくことが重要です。

あわせて読みたい

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
乾小児科内科医院
循環器内科、アレルギー科、小児科、内科、健診
Tel 027-322-3252
群馬県高崎市宮元町207
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

※当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

pagetop