血圧が急に上がったけど大丈夫?一過性血圧上昇の原因と対処法|高崎市 乾小児科内科医院|アレルギー科・循環器内科(心臓血管内科)

乾小児科内科

WEB初診予約

JR高崎駅 西口 徒歩9分
スズラン高崎店の4軒となり

027-322-3252

ブログ
doctor's blog

アーカイブス

  • お問い合わせ
  • 診療カレンダー

血圧が急に上がったけど大丈夫?一過性血圧上昇の原因と対処法

2021.09.16

 

外来にときどき「血圧が急に上がって心配です。大丈夫でしょうか」といった患者さんが来られます。

結論から申しますと、ほとんどの場合問題ないのですが、それでも心配になってしまうのもわかります。

今回は、一時的に血圧が上昇する原因、対処法についてまとめていきたいと思います。

 

血圧は常に変動している

そもそも血圧はいろいろな要因によって常に変動しています。比較的短期の影響を起こす原因としては、喫煙、動いた直後、会話、膀胱容量、飲酒、呼吸、疼痛、自律神経の影響などがあり、また季節、天気、測定時間、測定環境などもう少し長い時間の中で影響がでる要因もあります。

そのため、1回1回の数値で過度に一喜一憂せず、「だいたいの数値の傾向」として捉える必要があります。

 

危ない高血圧上昇!?

血圧の上昇:多くは収縮期血圧(上の血圧)≧180mmHgあるいは拡張期血圧(下の血圧)≧120mmHgによって、脳、心臓、腎臓、大血管などに急性の障害が生じ進行する病態を高血圧緊急症といいます。

具体的な状態としては、脳出血、脳梗塞、急性大動脈解離(大動脈が裂ける病気)、急性心不全、急性心筋梗塞、不安定狭心症、褐色細胞腫クリーゼなどがあります。

けっこう怖い病名がズラッと並んでいますね。一般の方は、こういった病気のイメージから血圧が上がる=危ない!!!といった感覚をお持ちなのだと思います。

血圧は他の病気と違い、数字で異常か正常か、いつもと比べてどうか、といったことがわかるため、余計に心配になってしまうのでしょう。

しかし、通常、上記のような病気を起こして全く自覚症状がないことは極めてまれで、どちらかというと、「体に急激なダメージが生じたサイン/結果として血圧が上がっている」状態です。

ゼロとはいいませんが、経験上こういったことが起きた方は実際には「血圧が上がった」といって来院されるよりも、他の自覚症状で来院されることがほとんどです。

 

治療の必要ない一過性血圧上昇

日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン2019」によれば、進行性あるいは慢性の臓器障害がない一過性の血圧上昇は、緊急に降圧治療をする対象ではありません。

その理由は、原因が加齢を含めた自律神経障害や精神的要因ある場合、降圧治療を行わなくても、自然に血圧が低下することも多いからです。

実臨床では、「血圧が上がって心配」と来院される患者さんの大半は自律神経障害か精神的要因という印象です。

ちなみに頻度の高い一過性血圧上昇の原因は英語の頭文字を使って「WE UP SBP」と言ったりします。

White coat 白衣高血圧症
Exercise 運動
Urine 膀胱内の尿貯留
Pain 疼痛
Smoking 喫煙
Beer 飲酒
Psychiatric パニック発作、不安、精神的ストレス

かつては、一過性の血圧上昇に対して、広く降圧薬を使用していましたが、特に高齢者で降圧治療により、急激に血圧が下がりすぎてしまい、かえって調子を悪くしてしまうことも少なくなかったことから、いまでは降圧薬の緊急使用の場面は限られています。

精神的要因の場合には、状況に応じて抗不安薬や抗うつ薬などの精神系のお薬を使うケースもあります。

上記の原因と照らし合わせて、どういう状況で血圧が上がってしまったかを考えると原因が推測できることもできるかもしれません。

それでも改善が得られない場合は病院で相談してみてはいかがでしょうか。

 

© Inui pediatrics and internal medicine clinic

pagetop